© Deまち All rights reserved.

201510/31

坂爪圭吾×谷亮治 ”ヒモぐらし”から始まる、未来を生きるヒントと可能性

最近巷を賑わせている「ヒモ」というワード。人気マンガ家である東村アキコさんも、新しい男女のマッチングについて描く「ヒモザイル」をモーニング・ツーにて連載中。都市部では「主夫志望男子」と「働き女子」のためのハッピーワークショップという出会いのイベントにも人が集まっているようです。

しかし今回は、男女関係に限らず、広い意味で「ヒモ」というワードに未来を見るお二人をお迎えします。「いばや」の坂爪圭吾さんと『モテるまちづくり』著者である谷亮治さんに、”ヒモぐらし”から始まる未来を生きるヒントと可能性についてたっぷりとお話いただきます。

宇宙全体から養ってもらうヒモとは?

現代のヒモは人を幸せにする?

ヒモになるにはどうしたらいいの?

……などなど、お二人ならではの切り口に注目です!

日 時_2015年10月31日(土)18:00~

場 所_Deまち(京都市上京区一真町67)

参加費_1,500yen

定 員_35名

※定員となりましたので、申込みは〆切らせていただきました。

 

【ゲスト紹介】

坂爪圭吾(さかづめ・けいご)

ibaya≪いばや≫共同代表(PLVS VLTRA)1985年4月7日生まれの不死鳥です。いばやとは「とにかくやばいことだけをやる(固定概念を破壊する)」合同会社です。2014年のバレンタインにホームをレスしたことをきっかけに、家や定職やお金がなくても生きていけるのかを体をはって実証中。

彼の生きた言葉がつづられるブログ「いばや通信」は必見です!

http://ibaya.hatenablog.com/

谷亮治(たに・りょうじ)

博士(社会学)。専門社会調査士。1980年大阪生まれ。専門は、住民参加のまちづくり論、コミュニティ論。現在、同志社大学、立命館大学、龍谷大学にて講師を務める。そもそも「まちづくり」とは何か。さらに普遍化するならば、「コミュニティ」とは何か、どのような条件が整えばそれは「うまくいく」のか、それらがうまくいくと、どう有効な作用をもたらすのか、そもそも「うまくいく」とはどんな状態なのか、というようなことを考えている。著書に「モテるまちづくり」がある。

関連記事

201610/23

気取らない、身近なタイを知って世界を広げよう

ガイドブックのきれいな写真、テレビで流れる美しい景色、ニュースで読まれる情報だけで、その国をわかったつもりになっていませんか? その国の人々…

201610/20

第2回 Holidayおでかけインターン説明会 in 京都

<ホリデーについて> 私たちは、クックパッド発の新規事業としてHolidayという休日のおでかけサービスを開発しています。 「…

201610/20

第1回 Holidayおでかけインターン説明会 in 京都

<ホリデーについて> 私たちは、クックパッド発の新規事業としてHolidayという休日のおでかけサービスを開発しています。 「…

201610/15

人生において、知っておかなければいけない話4【為替とは?インフレとは?】

【講師プロフィールからのイベント紹介】 京都の老舗織物メーカーで長きにわたり百貨店への営業、販売で実績を重ね38歳で運命的な出会いによ…

20167/31

「証券マンと考える、若いうちに知りたい途方もないお金のこと」最終回!

8年間大学に行き、はじめた店を2ヶ月で潰し、人生で8回引っ越しし、体重100kgをkeepしつづけ、お気に入りのレゴのTシャツを着こなし、ぶ…

ページ上部へ戻る